費用について

行政書士法人 ADVANCE ASCでは、お客さまのご依頼に沿ったオーダーメイドの料金プランを提供しています。
そのため、お客さまのご予算に合わせた料金設定が可能となっております。

  • 古物商許可申請を個人で取得したい

    基本料金

    50,000円(税抜)

    内容

    ・警察署への古物商許可申請書の作成・提出代行業務

    古物商許可申請の場合、「古物商許可申請書の作成・提出」の他に「住民票」、「身分証明書」、「登記されていないことの証明書」等の書類収集が別途必要となってきます。
    ご予算を抑えたいという場合は、ご自身でこれらの必要書類を収集することで弊事務所に対して発生する料金が基本料金のみとなり、費用を抑えることが可能となっております。
    また、ご本人での必要書類取得が難しい場合は、プラス料金をお支払いいただくことで必要書類取得の代行も可能となっております。
    このように、オーダーメイド料金プランだからこそご自身ではできない範囲のみをご依頼によって引き継ぐことが、可能となっております。
    「自分でできるところまでやってみたけど、その先が難しくて・・・」という場合も、対応が可能となっております。

  • 法人を設立したい

    基本料金

    150,000円(税抜)

    内容

    ・法人設立に係る業務
    ・定款の作成・認証

    法人を設立する場合、法人目的によっては、同時に各種営業許可申請が必要となる場合があります。
    例えば、飲食店を開業する場合は、飲食店営業許可申請、風俗営業を行う場合は各種風俗営業許可申請、外国人を雇用する場合は在留資格取得等の許認可申請が各時必要となり、場合によってはご自身で申請することが難しいものも多くある現状です。
    行政書士法人 ADVANCE ASCのオーダーメイド料金プランではご自身で申請を行うことで、基本料金のみで費用を抑えることが可能となっており、ご自身で難しい場合はプラス料金をお支払いいただくことで各種の許可申請を一緒に行うことも可能となっております。
    お客さまのご要望に合わせた料金を常にご提案させていただくと共に「法人設立とまとめて営業許可申請もお願いしたい」というご相談にも臨機応変に対応することが可能です。

  • 運転免許の記載事項変更届出

    基本料金

    7,500円(税抜)

    内容

    ・警察署へ運転免許の記載事項変更届出の提出

    引越し等で、運転免許の記載事項を変更する必要があるという場合、忙しくて警察署へ行けないという方や、住民票等の必要書類がとれず、なかなか変更に行けないという方が多くいらっしゃいます。
    また、お仕事で運転免許を毎日所持する必要がある場合は、代理届出を依頼しても、その間運転免許がないと困るということもあります。
    行政書士法人 ADVANCE ASCでは、ご本人での必要書類取得が難しい場合、プラス料金をお支払いいただくことで必要書類取得も代行することが可能でございます。
    また、新しい運転免許がすぐに必要という場合は、プラス料金で即日の申請も可能となっております。
    このように、行政書士法人 ADVANCE ASCでは、オーダーメイド料金プランによってお客さまの目的とご要望に応じた、幅広い対応が可能でございます。

これらの基本料金は例であり、ご依頼内容によって基本料金も変動してまいります。
行政書士法人 ADVANCE ASCでは、お客さまのご要望に合わせた料金をご提案いたします。
まずはお見積りさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。